【路地裏スパイスカリーてとらぽっと】スパイスカレー専門店!

はじめにお伝えしておきます。

 

この記事の内容は、「路地裏スパイスカリー てとらぽっと」について・駐車場・店内の雰囲気・おすすめのメニューなど充実した内容で紹介します☆

 

路地裏スパイスカリー てとらぽっとについて

 

路地裏スパイスカリーてとらぽっとの外観

 

2021年5月8日オープン!

 

36号線から小路にはいったところの居酒屋さんなどが並ぶちょっと昭和感を感じるところのまさに路地裏にあるスパイスカリー専門店は、イタリアンなどいろいろな飲食経験をもつ店主が営むスパイスと出汁でつくっている独学で学んだスパイスカレーを提供しているお店です!

 

店内は、L字型のカウンター席のみのこじんまりとしており店主との距離感が近いアットホームな雰囲気で一人でも友人知人などと快適に食事が楽しめる空間です♬

 

路地裏スパイスカリー てとらぽっとのメニュー一覧

スパイスカレーメニュー

・ ザンギカリー        1,100円

・ チキンレッグコンフィカリー 1,050円

・ レッチリソーセージカリー  1,100円

・ サバカリー            950円

・ ほうれん草とザンギカリー辛口 1,300円

・ チーズとチキンレッグカリー辛口 1,250円

・ レッチリ納豆カリー辛口   1,300円

・ サバとサワラの南蛮漬けカリー辛口 1,350円

カスタマイズ

・ ご飯大盛/230g(100円)・ ご飯特盛/280g(150円)・ ルー大盛(200円)・ ココナツベースに変更(100円)・ 辛口/辛味ベースとのみ(100円)・ 激辛/ペースト+ピッキーヌ1〜5本(150円)・ 鬼辛/ペースト+ピッキーヌ6〜10本(150円

トッピング

・ 納豆・ チーズ・ 刻みオクラ・ 目玉焼き・ ほうれん草・ ブロッコリー盛り(各100円

・ 激辛高菜・ 激辛タルタル・ さば節・ 白身フライ(各150円

・ 厚切りベーコン・ レッチリソーセージ・ サワラの南蛮漬けクミン風味・ 特製ザンギ3個・ ヤバイ手羽唐揚げ3個(各300円

(2022年5月時点)

 

 

 

今日ドキッで放送(2022.05.31)

2022年05月31日に、今日ドキッの「卓☆アキのぶらりサーチ!アポありのようなアポなし旅!」のコーナーで紹介されていました。

路地裏スパイスカリーてとらぽっと駐車場&交通機関

ありません。

専用の無料駐車場がありません、車移動中心の方は少し不便に思われるかもしれません。車の際は近隣の有料駐車場を利用する事になります。以前は商店街駐車場利用で1時間無料サービスがありましたが現在はなく100円トッピングまたはご飯大盛りサービスがあります。

 

交通機関は、地下鉄月寒中央駅から歩いて5分ほどのところにあり交通機関アクセスは便利です!

路地裏スパイスカリーてとらぽっとのランチ

 

ありません。

 

ランチタイム限定のお得なセットサービスやトッピングサービス、割引サービスなどはなく一律料金で提供されています。

※ 個人的に調べた情報です。最新の情報など詳しくは店舗まで確認お願いします。

 

テレビ番組内で紹介メニュー

サバカリー 900円

路地裏スパイスカリーてとらぽっとのサバカリー 900円

サバカリーについて

 

サフランライスの上にのっているのがサバ節です、ルーの中にはサバのほぐし身がはいっているなどサバを堪能できるスパイスカレーには水菜やトマト、ブロコリー、ヤングコーンなどの野菜もトッピングされています。

 

ちなみにトマトはハチミツとバジルなどで漬け込んで味付けしているようで、ルーカレーの福神漬けとして楽しめるみたい♬ 運ばれてきた瞬間にスパイスのいい香りがふわっとしてきます、このサバカリーしか食べないというお客さんがきてくれるぐらいの人気メニュー!

 

食べてみると

 

スパイスがきいていてサバのうま味がしっかりと感じられます、サバ節を加えることでさらに味が豊かになり美味しい〜、トマト自体に味がついているのでうまっ〜、そしてカレーと一緒に食べると甘みと酸味が加わったりなどそれぞれの野菜の食感とカレーの組合せを楽しめたり病みつきになるカレーです😋

 

チキンレッグコンフィカリー 1,050円

路地裏スパイスカリーてとらぽっとのチキンレッグコンフィカリー 1,050円

チキンレッグコンフィカリーについて

 

サフランライスに大きなチキンレッグがドーンとのり、こちらにも味付けのトマトや水菜、ヤングコーン・ブロッコリーなどがトッピングされています!

 

食べてみると

 

チキンは皮がパリッとして香ばしく身の部分がジューシーでやわらかく単体で十分おいしい〜、さらにカレーのスパイスがガツンとかんじチキンとの相性バグツン〜

 

卓☆アキのぶらりサーチ!アポなし旅!で紹介の店舗一覧

種類豊富グルメバーガー専門店「シスムレーンバーガースタンド」

【シスムレーンバーガースタンド】ボリューム満点のグルメバーガー専門店!

スパイスカレー専門店「路地裏スパイスカリーてとらぽっと」

【路地裏スパイスカリーてとらぽっと】スパイスカレー専門店!

まとめ

 

オリジナリティあふれるメニューが提供されどれも気になります^^トッピングも充実していてネーミングがユニーク色々な組み合わせを楽しみたくなる魅力的なお店です^^是非行ってみてくださいね〜

今日はここまでです。最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

路地裏スパイスカリーてとらぽっとの店舗情報

店名:路地裏スパイスカリーてとらぽっと

住所:北海道札幌市豊平区月寒中央通5-2-13

電話番号:011-838-7371

営業時間:午前11時〜午後3時/午後5時〜午後10時

定休日:火曜・第2.第4水曜

駐車場:無

関連記事

flu−ffy(ふるぅふい)

【flu−ffy(ふるぅふい)】元フレンチシェフによる個性派スープカレー店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「flu−ffy( ふるぅふい)」について・

記事を読む

穂高の「みそラーメン」

すみれで修行した店主の味噌ラーメン「眞麺穂高」ハナタレナックスで放送!!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「眞麺 穂高」 について・駐車場・ハナタレナ

記事を読む

【大谷地カレー颯(ソウ)】今日ドキッの「出会いとグルメ大谷地エリア」のテレビ番組内で紹介。大谷地カレーを朝6時から食べられる。トッピングも色々

大谷地カレー颯(ソウ)について 出典元:食ベログ/大谷地カレー 颯 2019年2月26日に放

記事を読む

味処 あずまの外観

【味処 あずま】札幌駅直結の美味しいうどんと豚丼を一緒に楽しめるお店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「味処 あ ずま」について・駐車場・店内

記事を読む

【奥芝商店おくしばぁちゃん】人気スープカレー!60歳以上スタッフのほっこり対応!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「スープカリー奥芝商店 おくしばぁ

記事を読む

らーめん紫雲亭(しうんてい)の醤油ラーメン 800円

【らーめん紫雲亭(しうんてい)】ラーメン店の本格絶品カレー!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「らーめん紫雲亭(しうんてい)」に

記事を読む

2021年 木多郎 澄川本店

【木多郎】澄川に本店をもち王道トマトベースの元祖スープカレー専門店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「木多郎」について・駐車場・店内の雰囲気・おす

記事を読む

no image

【エスパーイトウ】店名にインパクトある美味しいスープカレー屋さん!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「エスパー イトウ」について・駐車場・店

記事を読む

定山渓ファームのマウンテンカレー

【定山渓ファーム】無制限で秋の果物狩り!定山渓の紅葉スポット!

定山渓ファームについて 温泉街から車で15分ほどの所にある札 幌ドーム4個半分の敷地果物狩り・ツ

記事を読む

キッチンコネルのロコモコ 650円

【キッチンコネル】ブランチ札幌月寒にパン職人が作るお惣菜屋!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「キッチン コネル」について・駐車

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

双龍(そうりゅう)の焼き餃子
【双龍(そうりゅう)】北海道の新鮮食材で手作り餃子専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「手

エッグモンスターズのオムライス 950円(税込)
【エッグモンスターズ】種類豊富なこだわり卵料理を提供する専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「エ

氣鈴亭のやみつき☆麦豚生姜焼き 1,200円(税込)
【氣鈴亭(きりんてい)】根室直送カニ料理を楽しめるそば専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「氣

おそばこせんのとり天カレーセット 880円
【おそばこせん】新琴似で早朝から営業するそばやきしめん専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「お

メンゴ!麺GO!(オレ、ケンゴ)の煮干 醤油 500円
【メンゴ!麺GO!(オレ、ケンゴ)】朝かららーめんとまぜめん楽しめる!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「メ

→もっと見る

  • スポンサードリンク






  • スポンサードリンク






PAGE TOP ↑