【凡の風 杉むら中華そば店】幅広い層に支持されるこだわりラーメン!

はじめにお伝えしておきます。

この記事の内容は、「凡の風 杉むら中華そば店」について・駐車場・店内の雰囲気・おすすめのメニューなど充実した内容で紹介します☆

凡の風 杉むら中華そば店について

 

2006年5月30日オープン!

市電通り沿いにある男性はもちろ

ん、女性でも一人でもゆっくりと

楽しめる幅広い層から支持される

こだわりの人気ラーメン店!

店内は券売機による先払いシステ

ムでカウンター席やテーブル席が

ならび一人でも友人知人、家族つ

れで快適に食事ができる雰囲気!

 

メニューは、

・中華そば 800円

・味たま中華そば 900円

・チャーシュー中華そば 1000円

・鶏出汁中華そば 850円

・味たま鶏出汁中華そば 950円

・チャーシュー鶏出汁中華そば 1050円

・塩そば 800円

・味たま塩そば 900円

・チャーシュー塩そば 1000円

・味噌らーめん 850円

・味たま味噌らーめん 950円

・チャーシュー味噌らーめん 1050円

その他トッピング6種類・その他

ライスなど提供されています♬

 

 

紹介されたテレビ番組一覧

今日ドキッで放送(2022.12.19)

2022年12月19日に、今日ドキッの「匠がつなぐラーメンバトンリレー!実力店が教えるガチ企画!プロが認めるプロの味!人気店主が愛する一杯とは!」のコーナーで紹介されていました。

みんテレで放送(2021.05.31)

2021年05月31日に、みんテレの「キラメシ!熱き店主が作るこだわりの一杯!今年はやる人気店の最新ラーメン」のコーナーで紹介されていました。

凡の風 杉むら中華そば店の駐車場&交通機関

あります。

合計7台ほどの専用の無料駐車場があります、車移動中心の方も気軽に利用できるので便利です!

交通機関は、市電の西線9条旭山公園通から歩いて3分ほどのところにあり交通機関アクセスは便利です!

凡の風 杉むら中華そば店のランチ

ありません。

ランチタイム限定のお得なセットサービスやトッピングサービス、割引サービスなどはなく営業時間通して一律料金で提供されています。

 

※ 個人的に調べた情報です。最新の情報など詳しくは店舗まで確認お願いします。

 

番組内で紹介されたメニュー

鶏出汁中華 850円

みんテレで紹介

鶏出汁中華について

透き通るようなきれいな醤油ベー

スのスープにメンマ・ノリ・チャ

ーシューなどの具材がトッピング

されています!

食べてみると

スープはスッキリとしているんだ

けど後からしっかりと鶏出汁のう

ま味をかんじる!

味噌ラーメン 950円

今日ドキッ・みんテレで紹介

味噌ラーメンについて

 

月曜日限定で提供している中華そば同様にこの味をもとめて行列ができるほどの人気メニュー「味噌ラーメン」は、はこばれてきた瞬間から香ばしい香りがしてきます、チャーシュー・メンマ・ネギ・もやし・挽き肉・キクラゲなどの具材がトッピングされています!

 

スープのベースは2種類でアジ・ヒラコイワシ・カタクチイワシ・真こんぶ(南茅部産)など魚介オンリースープと親鶏と水から旨みを抽出し冷蔵庫で3日間熟成したチキンオンリースープを独自に割合でブレンドして作り上げたこだわりのスープ!

 

厳選した豚バラ肉をつかって特製しょうゆダレに漬け込み低温調理で仕上げはオーブンで余分な脂を落とし香ばしく作っているこだわりチャーシュー!

 

なぜ月曜日限定??

以前からあった味噌ラーメンですが、なぜ月曜日限定の提供になったところが気になりますよね、

その答えがこちら

野菜を炒めたり、ひき肉を炒めたりという工程があり他のメニューと一緒にやるのが時間がかかり難しいという理由のようです!

食べてみると

 

スープは濃厚で深みがある味わいで出汁の味をしっかりと感じます、麺は弾力がありしっかりとスープが絡みます、チャーシュー自体にも香ばしさを感じお肉のうまみや甘みが楽しめ肉の質感がしっかりと残っている、野菜の食感もよく強火で手早くいためているような香ばしい香りが口に広がります、味噌としては珍しく出汁の味をちゃんと感じられる奥深い味わいを堪能できます♪

 

今年はやる人気店の最新ラーメンで紹介の店舗一覧

南平岸に移転した人気ラーメン店「麺処まるは BEYOND」

【麺処まるはBEYOND(ビヨンド)】人気ラーメン店が南平岸駅近く移転!

幅広い層に支持される人気ラーメン店「凡の風 杉むら中華そば店」

【凡の風 杉むら中華そば店】幅広い層に支持されるこだわりラーメン!

絶品カレーラーメンを提供する人気ラーメン店「麺屋 すずらん」

【麺屋 すずらん】マジックスパイスの経験を生かした絶品カレーラーメン!

 

まとめ

奥深い味わいの醤油ラーメンが美

味しいのはもちろんの事、やはり

金曜日限定で提供される味噌ラー

メンは特別感もあってこちらも食

べたいラーメンですよ♬

醤油と味噌一緒に提供されていれ

ばいいけど、手間を考えるとしょ

うがないですね(><)

今日はここまでです。最後まで読

んでいただきありがとうございま

す。

凡の風 杉むら中華そば店の店舗情報

店名:凡の風 杉むら中華そば店

住所:北海道札幌市中央区南8条西15-1-1 ブランノワールAMJ815 1F

電話番号:011-512-2002

営業時間:午前11時〜午後4時

定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)

駐車場:有(店前2台、店近隣契約駐車場5台)

関連記事

【もいわ太陽食堂】素材にもこだわる札幌で本格的な沖縄料理専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「もいわ太陽食堂」について・駐車場

記事を読む

中華そば 第三灯籠の鶏しょうゆ(味玉トッピング付き)950円(税込)

【中華そば 第三灯籠】和食料理人による清湯スープのラーメン!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「中華そば 第三灯籠(だいさんとう

記事を読む

だるま軒の一番人気「醤油ラーメン」

【だるま軒】二条市場内にある札幌に現存する最古のラーメン屋さん!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「だるま軒」 について・駐車場・店内の雰囲

記事を読む

はる屋の味噌ラーメン

【はる屋】今日ドキッの「出会いとグルメ大谷地エリア」のテレビ番組内で紹介。定番からテールラーメンや鴨ラーメンの変わり種まで充実したメニューがあります。

はる屋について 出典元:食ベログ/By Lliliasさん 2019年2月26日に放送されて

記事を読む

炊き肉専門店 北のメグミの北海道産はまなか ほえいとん

【炊き肉専門店 北のメグミ】2019年9月2日オープン!道産食材にこだわった北海道初の炊き肉専門店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「炊き肉専 門店北のメグミ」について・駐

記事を読む

デバクキッチンのヤムニョムチキン

【デバクキッチン】道産食材を使用した本場韓国料理が楽しめる専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「デバクキッチン」について・駐車場

記事を読む

【カレーうどん うろん】中央区の住宅街!5月1日の令和の新時代ともにオープンしたカレーうどん専門店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「カレーう どん うろん」について・駐車場

記事を読む

櫻島ラーメン

【ラーメン櫻島 本店】あっさりとした味わいのスープに3種類のチャーシューを組み合わせた本格的なとんこつラーメン!

ラーメン櫻島 本店について 札幌市西野の北1条通り沿いに ある本格的な九州のとんこつ ラーメン

記事を読む

山と雲 虹イロハ

【山と雲 虹イロハ】札幌で醤油一本で勝負しているこだわりラーメン店!

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「山と雲虹 イロハ」について・駐車場・店

記事を読む

【シェフが作る北海道ぎょうざ 果皮と餡(かわとあん)】洋食のシェフが道産食材にこだわって作った餃子!?

はじめにお伝えしておきます。 この記事の内容は、「果皮と餡」について・駐車場・店内の雰囲気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

アンバロンのチキンスープカレー(ノーマルスープ)1,480円
【UNBALLON2(アンバロンツー)】利尻昆布ダシスープカレー専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「U

アメイロカリィのあぶりポークカレー 1,200円
【アメイロカリィ】厳選食材こだわりスープカレー&ルーカレー専門店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「ア

グリル太陽軒のオムライス
【グリル太陽軒】老舗ホテルで料理長つとめた店主の本格洋食店!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「グ

丸源ラーメンの熟成醤油肉そば(味玉入り)869円(税込)
【丸源ラーメン】全国展開する人気ラーメン店が道内初上陸!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「丸

ゴンバーガーのズワイ蟹のグラコロバーガーセット 814円(税込)
【GON BURGER(ゴンバーガー)】人気ハンバーガー店が道内初上陸!

はじめにお伝えしておきます。   この記事の内容は、「G

→もっと見る

  • スポンサードリンク






  • スポンサードリンク






PAGE TOP ↑